BSAVA(英国小動物獣医師会)の学会に参加してきました。

少しご無沙汰していた間に、バーミンガムで開催されたBSAVA(British Small Animal Veterinary Association:英国小動物獣医師会)の学会に参加してきました!

BSAVA

BSAVA(英国小動物獣医師会)は獣医師によって構成されている団体で、小動物の臨床獣医師や看護師のためにセミナーやイベントを開催したり、書籍を出版したり、また情報交換の場を提供しています。

獣医関係者なら一度はBSAVA出版の臨床マニュアルを見たことがあるはず!(日本語版はこちら。)

『BSAVA Congress』というこの学会は毎年4月にバーミンガムで開催されます。国際会議場とアリーナを貸し切って行われるこの学会、世界中から90人以上の専門家が講師として招待され、そしてその講師陣により350以上の講義が4日間にわたり行われます。かなり大掛かりなイベントです。

学生の頃はおっくうだった講義三昧の日々もいざ働きだすと恋しくなるもので、、、4日間しっかりと楽しんできました。

image講義は主に国際会議場内のホールや会議室で行われ、参加者は自分のお目当の講義会場に向けて必要であればその都度移動します。結果、結構歩きます。

imageアリーナでは関連企業・団体の展示会が。各企業・団体、それぞれ注目を集めるためにゲーム、クイズ、景品など色々な工夫をしていました。また、午後になるとアルコールがほぼ無制限に無料で提供されるこの展示会。ただでさえ賑やかな展示会が、午後はお祭り状態に(笑)。仕事中の企業・団体の代表者たちもビールやワイン片手にゆる〜い感じで楽しそうでした(笑)。これもお国柄ですかね。

普段ならビールやワインを出されると喜ぶ私ですが、、残念ながら体調を崩していてアルコールどころではありませんでした(涙)。おかげで講義に集中できたので良しとします!

この4日間で学んできたことを少しづつブログを通して紹介していきますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

香川県高松市出身 地元香川の高校卒業後、ニュージーランドでの語学留学・大学進学準備コースを経てオーストラリア・メルボルン大学獣医学部に進学。現在イギリスで臨床獣医師として働いています。