犬のマイクロチップ装着義務化まであと1ヶ月半!

microchip

いよいよ2016年4月6日より、イギリスではすべての犬にマイクロチップの埋め込みと、 データベースへの登録が義務化されます。

迷い犬の数を減らすこと、危険な犬対策、悪徳ブリーダーや動物窃盗による闇取引の削減などが主な目的です。

この新たな法律により

  • すべての犬は生後8週までにマイクロチップの装着・登録
  • マイクロチップが装着・登録されていない犬の譲渡・販売禁止(つまり最初の登録者は必然的にブリーダーとなる)
  • 違反が判明した場合は21日間の猶予が与えられ、それでもマイクロチップの装着・登録を拒否した場合は最高500ポンドの罰金

が義務付けられます。

*獣医師により労働犬と見なされた場合、生後8週ではなく生後12週までにマイクロチップの装着・登録をすること。また、獣医師によりマイクロチップが犬の健康を損ねると判断された場合は例外としてマイクロチップを装着しないことが認められる

さて、この法律が危険な犬対策や闇取り引き対策へどこまで威力を発揮するのかは今のところ「???」。というのも責任感のあるブリーダーさん&飼い主さんはマイクロチップの装着に積極的で、法律で規制なんてしなくても大半の方がマイクロチップを既に利用しているんですね。そしてこの法律で取り締まりたい悪徳な方々、無責任な方々は法の網をかいくぐる名人であり、21日間の猶予&500ポンド程度の罰金では動じないのではないかと。。。

でも迷子犬の飼い主探しに絶大な威力を発揮するマイクロチップ。この法律によって、迷い犬や不当に扱われる犬が一頭でも減ること、そしてマイクロチップが悪徳ブリーダーを見抜くための一つの手段として役立ってくれることを願ってます。(子犬がマイクロチップをしている=良いブリーダーではないことに注意!)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

香川県高松市出身 地元香川の高校卒業後、ニュージーランドでの語学留学・大学進学準備コースを経てオーストラリア・メルボルン大学獣医学部に進学。現在イギリスで臨床獣医師として働いています。